EP25-SLM2

EclairRPO Portable用監視設定ソフトウェア

SLM2_030

【NEW】EclairRPO Portable用監視設定ソフトウェア EP25-SLM2

システム管理者向け管理設定ソフトウェア
「SecureLock Manager2 BIOS」

対応製品:EP25CB3シリーズ、EP29CB3シリーズ

ICカード認証のセキュリティポータブルストレージのHDDモデル「EP25CB3」及びSSDモデル「EP29CB3」の管理及びセキュリティー強化を目的とし、様々な制作現場のセキュリテポリシーに合わせてお客様のカスタマイズが可能になります。

SecureLock Manager2 BIOS「EP25-SLM2」ダウンロード詳しくはこちら

外観

商品名型番JANコード
SecureLock Manager2 BIOSEP25-SLM24948883510284

管理者が理想のセキュリティーポリシーを作成可能

slm2_006
  • システム管理者はEP25-SLM2とマスターキーファイルの2重セキュリティによりSecureLock Manager2 BIOSへアクセス可能。
  • システム管理者のみが可能になる多様できめ細やかな設定でより強固なセキュリティーを実現。

ICカードは最大20枚まで登録が可能

slm2_001
  • 対象ポータブルストレージに登録できるICカードは最大5枚まででしたが、SecureLock Manager2 BIOSで設定を変更することでICカードは最大20枚まで登録可能となります。

セキュリティーポリシーが同じドライブを複製可能

slm2_009
  • SecureLock Manager2 BIOSで設定したセキュリティーポリシーは設定ファイルに保存することができます。
    保存されたセキュリティーポリシーはSecureLock Manager2 BIOSのセキュリティー設定のコピー機能により複数のドライブにコピーすることができ、同じセキュリティーポリシーでドライブの複製が可能になります。

その他の特長

パスワードポリシーの設定が可能

管理者は任意のパスワードポリシーを設定可能することが可能です。
「パスワード」「アルファベット」「数字」「記号」の最小文字数、「大文字小文字の区別」「ヒントの使用禁止」「再登録不可の過去パスワード数」、「パスワード有効期限」を組み合わせて設定していただくことにより、使用状況に合わせてパスワード管理が出来ます。

slm2_001

パスワード復元/ロック解除機能

万が一パスワードを忘れてしまいセキュリティーロックが掛かってしまった場合や異なるICカードを複数かざしてしまいセキュリティーロックが掛かってしまった場合、一般的なセキュリティードライブでは完全初期化を行わなくてはならないのに対し、ロック解除に必要な情報をメールなどで管理者に連絡することで、現行パスワードの復元やロックされたドライブを解除することが出来ます。

(注)本機能をご利用される場合は、あらかじめSecureLock Manager2 BIOSの復旧方法設定で復元機能を有効にしておく必要があります。

SLM2_044

ドライブ容量の制限

ドライブは管理用領域とユーザー領域で構成されています。管理用領域は読み取り専用で、利用者のパスワード入力・認証ツールが保存されている他、管理者が利用者に配布するソフトやツールを保存することができます。(注)ユーザー領域はドライブの容量や書込みを制限することができ、マニュアルや制作に必要なソフトウェアの配布や保存などに自由に使用いただけます。

(注)管理用領域に管理者が保存するソフトやツールは読み取り専用で暗号化されていません。

slm2_003

接続OSの制限

SecureLock Manager2 BIOSで設定することによりドライブを使用できるOSを制限することが出来ます。
サポートが終了したOSなどではセキュリティーレベルの担保が難しくなります。使用出来るOSを制限することでより安心な環境で使用いただけます。

slm2_010-1024x529

対応機種EP25CB3シリーズ、EP29CB3シリーズ
対応OSWindows 10、8.1、7
Windows Server 2019、2016、2012 R2、2012、2008R2 SP1以降、2008 SP2以降
主な付属品SecureLock Manager2 BIOS本体USBメモリ

お気軽にお問い合わせください

東京 TEL:03-3468-2220
大阪 TEL:050-5830-8913