保守のご案内

MAINTENANCE

保守メニュー

内容受付時間
週連続7日 24時間受付 24時間365日受付保守契約となります終日

応答時間

本サービスの対応は週連続7日24時間でのご連絡を頂いた場合、バイオスは原則として4時間以内にオンサイトでの対応を開始します。
なお、交通事情・天候・対象機器の設置場所(離島など)等の諸条件により、4時間を超過し翌営業日以降の対応になる場合もあります。
あらかじめご了解ください。

本サービスの提供期間

本サービスの提供期間は、バイオスが『保守登録完了通知』と同時にお届けする『保守管理ラベル』の契約開始日欄に記載した契約開始日から契約年数欄に記載した年数の終了する日迄が、BIOS Storage Support Onsite Packの保証期間となります。また、RAID製品を新品でご購入されてから5年以内であり、製造終了後5ヶ年とします。当該期間を超過することが明確となったRAID製品については、本サービスの提供期間にかかわらず、本サービスの対象外とします。

適用範囲

本サービスの適用範囲となる対象機器は、『お客様登録カード』の対象機器製品型番欄に記載のRAID製品となります。なお本サービスは対象機器のハードウェアに関する保守サービスのみとなります。対象機器に記録されたデータの復旧及びご使用のホストコンピュータならびにOS及びアプリケーションソフトウェアに関連する障害は本サービスの対象外です。また、万が一、BIOS Storage Support Onsite Packをご購入頂いたお客様と本サービスの対象となるRAID製品の所有者が異なる場合、お客様ご自身の責任において、本章記載の内容について対象機器所有者の承認を得て頂き、かつバイオスが本サービスを実施するために必要となる情報を取得することを条件として、バイオスは本サービスを実施するものとします。

サービスの内容と条件

サービスの内容と条件

バイオスは、RAID製品を所有するお客様に対し、以下に定める内容と条件で、本サービスを実施するものとします。

1.本サービスの範囲
●障害原因の切り分けと特定
対象機器に不時の故障が発生した場合、バイオスはお客様( またはお客様から委託された者 )からの通知によりその障害の箇所を切り分け、原因と考えられるハードウェアまたはファームウェアを特定します。
 ●障害部品の交換及び作業
対象機器の障害原因と特定されるハードウェアまたはファームウェアの交換部品及びそれに伴う作業は無償対応とします。
●緊急障害復旧および報告
上記の特定された障害原因に基づき、技術員を派遣して必要な障害復旧修理を行い、また復旧後の確認とお客様への報告をします。ただし、障害内容により、その対象機器を引き取り持ち帰り、調査修理実施後返却し、復旧後の確認とお客様への報告をする場合もあります。

2.除外作業
次の各号に定める作業につきましては本サービスに含まれないものとします。ただし、バイオスはその必要が認められる場合には、お客様とバイオスが別途協議の上、実施時期および対価の金額、その他必要事項を決定し、当該作業を実施します。なお、第4号から第7号に定める作業については、その実施が可能な場合、別途に定める料金表により、これを実施するものとします。
(1)対象機器の移設及び撤去に関する作業及び立会い
(2)お客様の要求による対象機器の改造
(3)対象機器の日常の清掃、点検及び運転
(4)天災地変その他バイオスの責に帰すことのできない事由により生じた故障( 持ち込みによる修理サービスにおいて、お客様がバイオスに送付した故障の発生した対象機器をバイオスが受領するまでの間に落下等により生じた障害を含む )の修理
(5)バイオスが定める対象機器設置環境条件に反することにより生じた対象機器の故障
(6)バイオス指定品以外の記録媒体その他の消耗品を使用したため、または記録媒体その他消耗品の保管不備のために生じた対象機器の故障
(7)お客様または第三者の不適切な取り扱い、使用により生じた対象機器の故障
(8)バイオスが承諾した以外の者が作成したソフトウェア及びハードウェア等に起因する対象機器の事故調査及び故障の修理
(9)対象機器の塗装及び仕上げ作業ならびに当該作業における必要な資材の供給
(10)対象機器の外部の電気作業及び対象機器に関する回線接続のための立会い
(11)引き取り修理サービス及び持ち込み修理サービスによりバイオスが預かった対象機器内のデータの保護
(12)対象機器の中に含まれる現金及び有価証券の取り出しや入れ替え、ならびに取り出した現金及び有価証券の管理

3.再委託
バイオスは自己の費用と責任で本サービス履行のための全部または一部を外部に委託ができるものとします。

4.保守作業時間帯
バイオスが本サービスを実施する時間帯( 以下 保守作業時間帯 )は、『 保守管理ラベル 』に記載の通りとなります。前記の規定にかかわらず、バイオスが対象機器の故障の重要度及び緊急度が高いと判断した場合には、保守作業時間帯外であっても速やかにバイオスの技術員( 上記 3.に基づき外部に委託した場合の当該技術員を含む、以下同じとします )を派遣し、修理等の作業( 以下 契約時間外作業 )を実施するものとします。この場合にかかる契約時間外作業費をお客様はバイオスに支払うものとします。ただし、バイオスが上記 3.に基づき第三者に再委託する場合、契約時間外作業の可否は当該第三者の判断によるものとします。

5.お客様の負担する費用
本サービスに要する費用の内、次の各号に定めるものについてはお客様の負担とします。
(1)電力料及び水道料
(2)通信費( ただしバイオスからお客様への通信する費用は除く )
(3)記録媒体( お客様のシステムでのデータ等を記録する媒体 )及びその他の消耗品
(4)沖縄本島を除く、離島及びこれに準ずる地域については、本サービスを実施するためにバイオスの技術員が船舶及び航空機等の交通機関を使用し、または宿泊する必要が生じた場合には、その交通費及び宿泊費ならびに日当は有償となります。
(5)不具合の原因究明に時間がかかる場合、修理期間中は対象機器の使用ができなくなります。代替機にて対応の場合は有償となります。

6.設置場所の立ち入り等
1.お客様は本サービスを実施するためにバイオスの技術員が対象機器の設置場所に立ち入ることを許可すると共に、バイオスの技術員が本サービスを実施するために必要な場所及び消耗品等を無償で提供するものとします。
2.お客様はバイオスによる本サービスのために必要な範囲での対象機器の稼動を停止するものとします。
3.お客様は対象機器の故障または不適切な使用ならびに本サービスの実施に伴う対象機器の稼動停止によるコンピュータプログラム及びデータの破壊、消滅に備えて、自己の費用と責任において適切な措置を講じておくものとします。

7.責任の制限
1.バイオスはバイオスによる本サービスの実施に瑕疵があった場合、その瑕疵の治癒のために必要な本サービスを繰り返し実施するものとします。
2.上記に基づく本サービスの繰り返しの実施が、本サービスの実施の瑕疵に対するバイオスがお客様に負う責任の全てとします。
3.対象機器に記録されているデータの管理保全については、お客様の責任によって行うものとします。バイオスは、障害の程度に関わらず、記録されているデータに対しては一切の責任を負いません。

8.老朽化装置の取り扱い等
1.対象機器が老朽化し正常な稼動維持が本サービスの実施によっても不可であるとバイオスが判断した場合には、お客様とバイオスの間で別途協議の上、当該対象機器の以後の取り扱いを決定するものとします。
2.製造終了の日から5ヶ年以上経過した対象機器につきましては、本サービスの提供期間にかかわらず本サービスの対象外とします。

9.交換部品の所有権
本サービスの履行に伴い交換された故障部品( 老朽部品を含む )の所有権は、全てバイオスに帰属するものとします。

10.設置場所の変更
お客様は、お客様が『 お客様登録カード 』に記載した対象機器の設置場所を変更する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、変更後の設置場所及び変更日を30日以上前に書面により連絡するものとします。

11.設置場所の整備
お客様は、バイオスが別途指定する対象機器設置環境条件( 入力電源、温度、湿度、塵埃、振動、電界、磁界、接地条件、対象機器に有害となる塩気及び有酸ガス、メンテナンスエリア等 )を対象機器の設置場所において、常に整備維持するものとします。

12.秘密保持
お客様は及びバイオスは本契約の履行にあたり、知り得た相手方の業務上またはその他の情報であっても、お客様及びバイオスが秘密であると明確に指定されたものについては、本契約の有効期間中のみならずその満了後も第三者( 前記 3.に基づきバイオスの再委託先に開示する場合を除く )に開示または漏洩してはならないものとします。ただし、次の各号に該当する情報につきましては、その限りではありません。
(1)一般に入手可能な情報
(2)知得時には既に保有していた情報
(3)第三者から機密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報
(4)相手方の機密情報を使用することなく独自に開発した情報

13.解除
バイオスはお客様が次の各号の一つでも該当する場合には、何らかの催告も要せずに直ちに本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。
(1)本書記載の内容に違反し、書面による催告後30日以内に当該違反が是正されない場合
(2)差押、仮差押、仮処分、競売の申立もしくは租税滞納処分その他公権力の処分を受け、または破産、会社整理、会社更生もしくは民事再生手続、その他これらに類する手続きの申立てがなされた場合
(3)自らの振出もしくは引き受けた手形または小切手が、不渡処分を受ける等支払停止状態に至った場合
(4)営業の廃止または解散の決議をした場合
(5)財産状態が悪化した場合、またはその恐れがあると認められる相当の理由がある場合

14.損害補償
お客様は本サービスについてバイオスの責任に帰属すべき事由により損害を被った場合、現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、バイオスに請求できるものとします。この場合、バイオスの負担する損害賠償の総額は、BIOS Storage Support Onsite Pack の購入代金としてバイオスがお客様より受領した総合計金額を超えないものとします。

15.合意管轄
本サービスについてのお客様とバイオス間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所としてこれを解決するものとします。

16.途中解約
お客様が本サービスの途中解約を希望する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、解約希望日の30日以上前に書面により連絡するものとします。ただし、この場合にお支払い頂いた料金は返金致しません。

内容受付時間
平日(休日を除く)8時間受付*障害コール対応9:00~17:00

応答時間

本サービスの対応は営業時間9:00~17:00までにご連絡を頂いた場合、バイオスは原則として4時間以内(なお対応時間内での時間となりますので、13:00以降ご連絡を頂いた場合には翌営業日9:00以降)にオンサイトでの対応を開始します。
なお、交通事情・天候・対象機器の設置場所(離島など)等の諸条件により、4時間を超過し翌営業日以降の対応になる場合もあります。あらかじめご了解ください。

本サービスの提供期間

本サービスの提供期間は、バイオスが『保守登録完了通知』と同時にお届けする『保守管理ラベル』の契約開始日欄に記載した契約開始日から契約年数欄に記載した年数の終了する日迄が、BIOS Storage Support Onsite Packの保証期間となります。また、RAID製品を新品でご購入されてから5年以内であり、製造終了後5ヶ年とします。当該期間を超過することが明確となったRAID製品については、本サービスの提供期間にかかわらず、本サービスの対象外とします。

適用範囲

本サービスの適用範囲となる対象機器は、『お客様登録カード』の対象機器製品型番欄に記載のRAID製品となります。なお本サービスは対象機器のハードウェアに関する保守サービスのみとなります。対象機器に記録されたデータの復旧及びご使用のホストコンピュータならびにOS及びアプリケーションソフトウェアに関連する障害は本サービスの対象外です。また、万が一、BIOS Storage Support Onsite Packをご購入頂いたお客様と本サービスの対象となるRAID製品の所有者が異なる場合、お客様ご自身の責任において、本章記載の内容について対象機器所有者の承認を得て頂き、かつバイオスが本サービスを実施するために必要となる情報を取得することを条件として、バイオスは本サービスを実施するものとします。

サービスの内容と条件

サービスの内容と条件

バイオスは、RAID製品を所有するお客様に対し、以下に定める内容と条件で、本サービスを実施するものとします。

1.本サービスの範囲
●障害原因の切り分けと特定
対象機器に不時の故障が発生した場合、バイオスはお客様( またはお客様から委託された者 )からの通知によりその障害の箇所を切り分け、原因と考えられるハードウェアまたはファームウェアを特定します。
 ●障害部品の交換及び作業
対象機器の障害原因と特定されるハードウェアまたはファームウェアの交換部品及びそれに伴う作業は無償対応とします。
●緊急障害復旧および報告
上記の特定された障害原因に基づき、技術員を派遣して必要な障害復旧修理を行い、また復旧後の確認とお客様への報告をします。ただし、障害内容により、その対象機器を引き取り持ち帰り、調査修理実施後返却し、復旧後の確認とお客様への報告をする場合もあります。

2.除外作業
次の各号に定める作業につきましては本サービスに含まれないものとします。ただし、バイオスはその必要が認められる場合には、お客様とバイオスが別途協議の上、実施時期および対価の金額、その他必要事項を決定し、当該作業を実施します。なお、第4号から第7号に定める作業については、その実施が可能な場合、別途に定める料金表により、これを実施するものとします。
(1)対象機器の移設及び撤去に関する作業及び立会い
(2)お客様の要求による対象機器の改造
(3)対象機器の日常の清掃、点検及び運転
(4)天災地変その他バイオスの責に帰すことのできない事由により生じた故障( 持ち込みによる修理サービスにおいて、お客様がバイオスに送付した故障の発生した対象機器をバイオスが受領するまでの間に落下等により生じた障害を含む )の修理
(5)バイオスが定める対象機器設置環境条件に反することにより生じた対象機器の故障
(6)バイオス指定品以外の記録媒体その他の消耗品を使用したため、または記録媒体その他消耗品の保管不備のために生じた対象機器の故障
(7)お客様または第三者の不適切な取り扱い、使用により生じた対象機器の故障
(8)バイオスが承諾した以外の者が作成したソフトウェア及びハードウェア等に起因する対象機器の事故調査及び故障の修理
(9)対象機器の塗装及び仕上げ作業ならびに当該作業における必要な資材の供給
(10)対象機器の外部の電気作業及び対象機器に関する回線接続のための立会い
(11)引き取り修理サービス及び持ち込み修理サービスによりバイオスが預かった対象機器内のデータの保護
(12)対象機器の中に含まれる現金及び有価証券の取り出しや入れ替え、ならびに取り出した現金及び有価証券の管理

3.再委託
バイオスは自己の費用と責任で本サービス履行のための全部または一部を外部に委託ができるものとします。

4.保守作業時間帯
バイオスが本サービスを実施する時間帯( 以下 保守作業時間帯 )は、『 保守管理ラベル 』に記載の通りとなります。前記の規定にかかわらず、バイオスが対象機器の故障の重要度及び緊急度が高いと判断した場合には、保守作業時間帯外であっても速やかにバイオスの技術員( 上記 3.に基づき外部に委託した場合の当該技術員を含む、以下同じとします )を派遣し、修理等の作業( 以下 契約時間外作業 )を実施するものとします。この場合にかかる契約時間外作業費をお客様はバイオスに支払うものとします。ただし、バイオスが上記 3.に基づき第三者に再委託する場合、契約時間外作業の可否は当該第三者の判断によるものとします。

5.お客様の負担する費用
本サービスに要する費用の内、次の各号に定めるものについてはお客様の負担とします。
(1)電力料及び水道料
(2)通信費( ただしバイオスからお客様への通信する費用は除く )
(3)記録媒体( お客様のシステムでのデータ等を記録する媒体 )及びその他の消耗品
(4)沖縄本島を除く、離島及びこれに準ずる地域については、本サービスを実施するためにバイオスの技術員が船舶及び航空機等の交通機関を使用し、または宿泊する必要が生じた場合には、その交通費及び宿泊費ならびに日当は有償となります。
(5)不具合の原因究明に時間がかかる場合、修理期間中は対象機器の使用ができなくなります。代替機にて対応の場合は有償となります。

6.設置場所の立ち入り等
1.お客様は本サービスを実施するためにバイオスの技術員が対象機器の設置場所に立ち入ることを許可すると共に、バイオスの技術員が本サービスを実施するために必要な場所及び消耗品等を無償で提供するものとします。
2.お客様はバイオスによる本サービスのために必要な範囲での対象機器の稼動を停止するものとします。
3.お客様は対象機器の故障または不適切な使用ならびに本サービスの実施に伴う対象機器の稼動停止によるコンピュータプログラム及びデータの破壊、消滅に備えて、自己の費用と責任において適切な措置を講じておくものとします。

7.責任の制限
1.バイオスはバイオスによる本サービスの実施に瑕疵があった場合、その瑕疵の治癒のために必要な本サービスを繰り返し実施するものとします。
2.上記に基づく本サービスの繰り返しの実施が、本サービスの実施の瑕疵に対するバイオスがお客様に負う責任の全てとします。
3.対象機器に記録されているデータの管理保全については、お客様の責任によって行うものとします。バイオスは、障害の程度に関わらず、記録されているデータに対しては一切の責任を負いません。

8.老朽化装置の取り扱い等
1.対象機器が老朽化し正常な稼動維持が本サービスの実施によっても不可であるとバイオスが判断した場合には、お客様とバイオスの間で別途協議の上、当該対象機器の以後の取り扱いを決定するものとします。
2.製造終了の日から5ヶ年以上経過した対象機器につきましては、本サービスの提供期間にかかわらず本サービスの対象外とします。

9.交換部品の所有権
本サービスの履行に伴い交換された故障部品( 老朽部品を含む )の所有権は、全てバイオスに帰属するものとします。

10.設置場所の変更
お客様は、お客様が『 お客様登録カード 』に記載した対象機器の設置場所を変更する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、変更後の設置場所及び変更日を30日以上前に書面により連絡するものとします。

11.設置場所の整備
お客様は、バイオスが別途指定する対象機器設置環境条件( 入力電源、温度、湿度、塵埃、振動、電界、磁界、接地条件、対象機器に有害となる塩気及び有酸ガス、メンテナンスエリア等 )を対象機器の設置場所において、常に整備維持するものとします。

12.秘密保持
お客様は及びバイオスは本契約の履行にあたり、知り得た相手方の業務上またはその他の情報であっても、お客様及びバイオスが秘密であると明確に指定されたものについては、本契約の有効期間中のみならずその満了後も第三者( 前記 3.に基づきバイオスの再委託先に開示する場合を除く )に開示または漏洩してはならないものとします。ただし、次の各号に該当する情報につきましては、その限りではありません。
(1)一般に入手可能な情報
(2)知得時には既に保有していた情報
(3)第三者から機密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報
(4)相手方の機密情報を使用することなく独自に開発した情報

13.解除
バイオスはお客様が次の各号の一つでも該当する場合には、何らかの催告も要せずに直ちに本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。
(1)本書記載の内容に違反し、書面による催告後30日以内に当該違反が是正されない場合
(2)差押、仮差押、仮処分、競売の申立もしくは租税滞納処分その他公権力の処分を受け、または破産、会社整理、会社更生もしくは民事再生手続、その他これらに類する手続きの申立てがなされた場合
(3)自らの振出もしくは引き受けた手形または小切手が、不渡処分を受ける等支払停止状態に至った場合
(4)営業の廃止または解散の決議をした場合
(5)財産状態が悪化した場合、またはその恐れがあると認められる相当の理由がある場合

14.損害補償
お客様は本サービスについてバイオスの責任に帰属すべき事由により損害を被った場合、現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、バイオスに請求できるものとします。この場合、バイオスの負担する損害賠償の総額は、BIOS Storage Support Onsite Pack の購入代金としてバイオスがお客様より受領した総合計金額を超えないものとします。

15.合意管轄
本サービスについてのお客様とバイオス間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所としてこれを解決するものとします。

16.途中解約
お客様が本サービスの途中解約を希望する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、解約希望日の30日以上前に書面により連絡するものとします。ただし、この場合にお支払い頂いた料金は返金致しません。

内容受付時間
平日(休日を除く)8時間受付*障害コール対応9:00~17:00

応答時間

本サービスの対応は営業時間9:00~17:00までにご連絡を頂いた場合、バイオスは原則として4時間以内(なお対応時間内での時間となりますので、13:00以降ご連絡を頂いた場合には翌営業日9:00以降)にオンサイトでの対応を開始します。
なお、交通事情・天候・対象機器の設置場所(離島など)等の諸条件により、4時間を超過し翌営業日以降の対応になる場合もあります。
なお、お客様にて交換可能なHDD障害の代替品は、先行発送のセンドバック対応とさせて頂きます。
あらかじめ、ご了解ください。

本サービスの提供期間

本サービスの提供期間は、バイオスが『保守登録完了通知』と同時にお届けする『保守管理ラベル』の契約開始日欄に記載した契約開始日から契約年数欄に記載した年数の終了する日迄が、BIOS Storage Support Onsite Lite Packの保証期間となります。また、RAID製品を新品でご購入されてから5年以内であり、製造終了後5ヶ年とします。当該期間を超過することが明確となったRAID製品については、本サービスの提供期間にかかわらず、本サービスの対象外とします。

適用範囲

本サービスの適用範囲となる対象機器は、『お客様登録カード』の対象機器製品型番欄に記載のRAID製品となります。なお本サービスは対象機器のハードウェアに関する保守サービスのみとなります。対象機器に記録されたデータの復旧及びご使用のホストコンピュータならびにOS及びアプリケーションソフトウェアに関連する障害は本サービスの対象外です。また、万が一、BIOS Storage Support Onsite Lite Packをご購入頂いたお客様と本サービスの対象となるRAID製品の所有者が異なる場合、お客様ご自身の責任において、本章記載の内容について対象機器所有者の承認を得て頂き、かつバイオスが本サービスを実施するために必要となる情報を取得することを条件として、バイオスは本サービスを実施するものとします。

サービスの内容と条件

サービスの内容と条件

バイオスは、RAID 製品を所有するお客様に対し、以下に定める内容と条件で、本サービスを実施するものとします。

1.本サービスの範囲
●障害原因の切り分けと特定
対象機器に不時の故障が発生した場合、バイオスはお客様( またはお客様から委託された者 )からの通知によりその障害の箇所を切り分け、原因と考えられるハードウェアまたはファームウェアを特定します。
●障害部品の交換及び作業
対象機器の障害原因と特定されるハードウェアまたはファームウェアの交換部品及びそれに伴う作業は無償対応とします。
●緊急障害復旧および報告
上記の特定された障害原因に基づき、技術員を派遣して必要な障害復旧修理を行い、また復旧後の確認とお客様への報告をします。ただし、障害内容により、その対象機器を引き取り持ち帰り、調査修理実施後返却し、復旧後の確認とお客様への報告をする場合もあります。

2.除外作業
次の各号に定める作業につきましては本サービスに含まれないものとします。ただし、バイオスはその必要が認められる場合には、お客様とバイオスが別途協議の上、実施時期および対価の金額、その他必要事項を決定し、当該作業を実施します。なお、第4号から第7号に定める作業については、その実施が可能な場合、別途に定める料金表により、これを実施するものとします。

(1)対象機器の移設及び撤去に関する作業及び立会い

(2)お客様の要求による対象機器の改造

(3)対象機器の日常の清掃、点検及び運転

(4)天災地変その他バイオスの責に帰すことのできない事由により生じた故障( 持ち込みによる修理サービスにおいて、お客様がバイオスに送付した故障の発生した対象機器をバイオスが受領するまでの間に落下等により生じた障害を含む )の修理

(5)バイオスが定める対象機器設置環境条件に反することにより生じた対象機器の故障

(6)バイオス指定品以外の記録媒体その他の消耗品を使用したため、または記録媒体その他消耗品の保管不備のために生じた対象機器の故障

(7)お客様または第三者の不適切な取り扱い、使用により生じた対象機器の故障

(8)バイオスが承諾した以外の者が作成したソフトウェア及びハードウェア等に起因する対象機器の事故調査及び故障の修理

(9)対象機器の塗装及び仕上げ作業ならびに当該作業における必要な資材の供給

(10)対象機器の外部の電気作業及び対象機器に関する回線接続のための立会い

(11)引き取り修理サービス及び持ち込み修理サービスによりバイオスが預かった対象機器内のデータの保護

(12)対象機器の中に含まれる現金及び有価証券の取り出しや入れ替え、ならびに取り出した現金及び有価証券の管理

3.再委託
バイオスは自己の費用と責任で本サービス履行のための全部または一部を外部に委託ができるものとします。

4.保守作業時間帯
バイオスが本サービスを実施する時間帯( 以下 保守作業時間帯 )は、『 保守管理ラベル 』 に記載の通りとなります。前記の規定にかかわらず、バイオスが対象機器の故障の重要度及び緊急度が高いと判断した場合には、保守作業時間帯外であっても速やかにバイオスの技術員( 上記 3.に基づき外部に委託した場合の当該技術員を含む、以下同じとします )を派遣し、修理等の作業( 以下 契約時間外作業 )を実施するものとします。この場合にかかる契約時間外作業費をお客様はバイオスに支払うものとします。ただし、バイオスが上記 3.に基づき第三者に再委託する場合、契約時間外作業の可否は当該第三者の判断によるものとします。

5.お客様の負担する費用
本サービスに要する費用の内、次の各号に定めるものについてはお客様の負担とします。
(1)電力料及び水道料
(2)通信費( ただしバイオスからお客様への通信する費用は除く )
(3)記録媒体( お客様のシステムでのデータ等を記録する媒体 )及びその他の消耗品
(4)沖縄本島を除く、離島及びこれに準ずる地域については、本サービスを実施するためにバイオスの技術員が船舶及び航空機等の交通機関を使用し、または宿泊する必要が生じた場合には、その交通費及び宿泊費ならびに日当は有償となります。
(5)不具合の原因究明に時間がかかる場合、修理期間中は対象機器の使用ができなくなります。代替機にて対応の場合は有償となります。

6.設置場所の立ち入り等
1.お客様は本サービスを実施するためにバイオスの技術員が対象機器の設置場所に立ち入ることを許可すると共に、バイオスの技術員が本サービスを実施するために必要な場所及び消耗品等を無償で提供するものとします。
2.お客様はバイオスによる本サービスのために必要な範囲での対象機器の稼動を停止するものとします。
3.お客様は対象機器の故障または不適切な使用ならびに本サービスの実施に伴う対象機器の稼動停止によるコンピュータプログラム及びデータの破壊、消滅に備えて、自己の費用と責任において適切な措置を講じておくものとします。

7.責任の制限
1.バイオスはバイオスによる本サービスの実施に瑕疵があった場合、その瑕疵の治癒のために必要な本サービスを繰り返し実施するものとします。
2.上記に基づく本サービスの繰り返しの実施が、本サービスの実施の瑕疵に対するバイオスがお客様に負う責任の全てとします。
3.対象機器に記録されているデータの管理保全については、お客様の責任によって行うものとします。バイオスは、障害の程度に関わらず、記録されているデータに対しては一切の責任を負いません。

8.老朽化装置の取り扱い等
1.対象機器が老朽化し正常な稼動維持が本サービスの実施によっても不可であるとバイオスが判断した場合には、お客様とバイオスの間で別途協議の上、当該対象機器の以後の取り扱いを決定するものとします。
2.製造終了の日から5ヶ年以上経過した対象機器につきましては、本サービスの提供期間にかかわらず本サービスの対象外とします。

9.交換部品の所有権
本サービスの履行に伴い交換された故障部品( 老朽部品を含む )の所有権は、全てバイオスに帰属するものとします。

10.設置場所の変更
お客様は、お客様が『 お客様登録カード 』に記載した対象機器の設置場所を変更する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、変更後の設置場所及び変更日を30日以上前に書面により連絡するものとします。

11.設置場所の整備
お客様は、バイオスが別途指定する対象機器設置環境条件( 入力電源、温度、湿度、塵埃、振動、電界、磁界、接地条件、対象機器に有害となる塩気及び有酸ガス、メンテナンスエリア等 )を対象機器の設置場所において、常に整備維持するものとします。

12.秘密保持
お客様は及びバイオスは本契約の履行にあたり、知り得た相手方の業務上またはその他の情報であっても、お客様及びバイオスが秘密であると明確に指定されたものについては、本契約の有効期間中のみならずその満了後も第三者( 前記 3.に基づきバイオスの再委託先に開示する場合を除く )に開示または漏洩してはならないものとします。ただし、次の各号に該当する情報につきましては、その限りではありません。

(1)一般に入手可能な情報

(2)知得時には既に保有していた情報

(3)第三者から機密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報

(4)相手方の機密情報を使用することなく独自に開発した情報

13.解除
バイオスはお客様が次の各号の一つでも該当する場合には、何らかの催告も要せずに直ちに本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。
(1)本書記載の内容に違反し、書面による催告後30日以内に当該違反が是正されない場合
(2)差押、仮差押、仮処分、競売の申立もしくは租税滞納処分その他公権力の処分を受け、または破産、会社整理、会社更生もしくは民事再生手続、その他これらに類する手続きの申立てがなされた場合
(3)自らの振出もしくは引き受けた手形または小切手が、不渡処分を受ける等支払停止状態に至った場合
(4)営業の廃止または解散の決議をした場合
(5)財産状態が悪化した場合、またはその恐れがあると認められる相当の理由がある場合

14.損害補償
お客様は本サービスについてバイオスの責任に帰属すべき事由により損害を被った場合、現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、バイオスに請求できるものとします。この場合、バイオスの負担する損害賠償の総額は、BIOS Storage Support OnsiteLite Pack の購入代金としてバイオスがお客様より受領した総合計金額を超えないものとします。

15.合意管轄
本サービスについてのお客様とバイオス間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所としてこれを解決するものとします。

16.途中解約
お客様が本サービスの途中解約を希望する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、解約希望日の30日以上前に書面により連絡するものとします。ただし、この場合にお支払い頂いた料金は返金致しません。

本サービスの提供期間

本サービスの提供期間は、バイオスが『お客様登録カード』の契約開始日欄に記載した契約開始日から契約年数欄に記載した年数の終了する日迄がBIOS Storage Support Sendback Packの保証期間となります。また、RAID製品を新品でご購入されてから5年以内であり、製造終了後5ヶ年とします。当該期間を超過することが明確となったRAID製品については、本サービスの提供期間にかかわらず、本サービスの対象外とします。

適用範囲

本サービスの適用範囲となる対象機器は、『お客様登録カード』の対象機器製品型番欄に記載のRAID製品となります。なお本サービスは対象機器のハードウェアに関する保守サービスのみです。対象機器に記録されたデータの復旧及びご使用のホストコンピュータならびにOS及びアプリケーションソフトウェアに関連する障害は本サービスの対象外です。また、万が一、BIOS Storage Support Sendback Packをご購入頂いたお客様と本サービスの対象となるRAID製品の所有者が異なる場合、お客様ご自身の責任において、本章記載の内容について対象機器所有者の承認を得て頂き、かつバイオスが本サービスを実施するために必要となる情報を取得することを条件として、バイオスは本サービスを実施するものとします。

サービスの内容と条件

サービスの内容と条件

バイオスは、RAID 製品を所有するお客様に対し、以下に定める内容と条件で、本サービスを実施するものとします。

1.本サービスの範囲
●障害原因の切り分けと特定
対象機器に不時の故障が発生した場合、バイオスはお客様( またはお客様から委託された者 )からの通知によりその障害の箇所を切り分け、原因と考えられるハードウェアまたはファームウェアを特定します。
●障害部品の交換及び作業
対象機器の障害原因と特定されるハードウェアまたはファームウェアの交換部品及びそれに伴う作業は無償対応とします。

2.除外作業
次の各号に定める作業につきましては本サービスに含まれないものとします。ただし、バイオスはその必要が認められる場合には、お客様とバイオスが別途協議の上、実施時期および対価の金額、その他必要事項を決定し、当該作業を実施します。なお、第4号から第7号に定める作業については、その実施が可能な場合、別表に定める料金表により、これを実施するものとします。
(1)対象機器の移設及び撤去に関する作業及び立会い
(2)お客様の要求による対象機器の改造
(3)対象機器の日常の清掃、点検及び運転
(4)天災地変その他バイオスの責に帰すことのできない事由により生じた故障( 持ち込みによる修理サービスにおいて、お客様がバイオスに送付した故障の発生した対象機器をバイオスが受領するまでの間に落下等により生じた障害を含む )の修理
(5)バイオスが定める対象機器設置環境条件に反することにより生じた対象機器の故障
(6)バイオス指定品以外の記録媒体その他の消耗品を使用したため、または記録媒体その他消耗品の保管不備のために生じた対象機器の故障
(7)お客様または第三者の不適切な取り扱い、使用により生じた対象機器の故障
(8)バイオスが承諾した以外の者が作成したソフトウェア及びハードウェア等に起因する対象機器の事故調査及び故障の修理
(9)対象機器の塗装及び仕上げ作業ならびに当該作業における必要な資材の供給
(10)対象機器の外部の電気作業及び対象機器に関する回線接続のための立会い
(11)引き取り修理サービス及び持ち込み修理サービスによりバイオスが預かった対象機器内のデータの保護
(12)対象機器の中に含まれる現金及び有価証券の取り出しや入れ替え、ならびに取り出した現金及び有価証券の管理

3.再委託
バイオスは自己の費用と責任で本サービス履行のための全部または一部を外部に委託ができるものとします。

4.保守作業時間帯
バイオスが本サービスを実施する時間帯( 以下 保守作業時間帯 )は、『 お客様登録カード 』に記載の通りとなります。前記の規定にかかわらず、バイオスが対象機器の故障の重要度及び緊急度が高いと判断した場合には、保守作業時間帯外であっても速やかにバイオスの技術員( 上記 3.に基づき外部に委託した場合の当該技術員を含む、以下同じとします )が、修理等の作業( 以下 契約時間外作業 )を実施するものとします。この場合、お客様は別表に定める料金表に基づきその料金をバイオスに支払うものとします。ただし、バイオスが上記 3.に基づき第三者に再委託する場合、契約時間外作業の可否は当該第三者の判断によるものとします。

5.お客様の負担する費用
本サービスに要する費用の内、次の号に定めるものについてはお客様の負担とします。
(1)
不具合の原因究明に時間がかかる場合、修理期間中は対象機器の使用ができなくなります。代替機にて対応の場合は有償となります。

6.責任の制限
1.バイオスはバイオスによる本サービスの実施に瑕疵があった場合、その瑕疵の治癒のために必要な本サービスを繰り返し実施するものとします。
2.上記に基づく本サービスの繰り返しの実施が、本サービスの実施の瑕疵に対するバイオスがお客様に負う責任の全てとします。
3.対象機器に記録されているデータの管理保全については、お客様の責任によって行うものとします。バイオスは、障害の程度に関わらず、記録されているデータに対しては一切の責任を負いません。

7.老朽化装置の取り扱い等
1.対象機器が老朽化し正常な稼動維持が本サービスの実施によっても不可であるとバイオスが判断した場合には、お客様とバイオスの間で別途協議の上、当該対象機器の以後の取り扱いを決定するものとします。
2.製造終了の日から5ヶ年以上経過した対象機器につきましては、本サービスの提供期間にかかわらず本サービスの対象外とします。

8.交換部品の所有権
本サービスの履行に伴い交換された故障部品( 老朽部品を含む )の所有権は、全てバイオスに帰属するものとします。

9.設置場所の変更
お客様は、お客様が『 お客様登録カード 』に記載した対象機器の設置場所を変更する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、変更後の設置場所及び変更日を30日以上前に書面により連絡するものとします。

10.秘密保持
お客様は及びバイオスは本契約の履行にあたり、知り得た相手方の業務上またはその他の情報であっても、お客様及びバイオスが秘密であると明確に指定されたものについては、本契約の有効期間中のみならずその満了後も第三者( 前記 3.に基づきバイオスの再委託先に開示する場合を除く )に開示または漏洩してはならないものとします。ただし、次の各号に該当する情報につきましては、その限りではありません。
(1)一般に入手可能な情報
(2)知得時には既に保有していた情報
(3)第三者から機密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報
(4)相手方の機密情報を使用することなく独自に開発した情報

11.解除
バイオスはお客様が次の各号の一つでも該当する場合には、何らかの催告も要せずに直ちに本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。
(1)本書記載の内容に違反し、書面による催告後30日以内に当該違反が是正されない場合
(2)差押、仮差押、仮処分、競売の申立もしくは租税滞納処分その他公権力の処分を受け、または破産、会社整理、会社更生もしくは民事再生手続、その他これらに類する手続きの申立てがなされた場合
(3)自らの振出もしくは引き受けた手形または小切手が、不渡処分を受ける等支払停止状態に至った場合
(4)営業の廃止または解散の決議をした場合
(5)財産状態が悪化した場合、またはその恐れがあると認められる相当の理由がある場合

12.損害補償
お客様は本サービスについてバイオスの責任に帰属すべき事由により損害を被った場合、現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、バイオスに請求できるものとします。この場合、バイオスの負担する損害賠償の総額は、BIOS Storage Support Sendback Pack の購入代金としてバイオスがお客様より受領した総合計金額を超えないものとします。

13.合意管轄
本サービスについてのお客様とバイオス間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所としてこれを解決するものとします。

14.途中解約
お客様が本サービスの途中解約を希望する場合、当該地域( 東日本もしくは西日本 )のバイオスユーザーサポートまで、解約希望日の30日以上前に書面により連絡するものとします。ただし、この場合にお支払い頂いた料金は返金致しません。

スポット保守契約(オンサイト形式)

【概 要】
オンサイト保守契約期間を過ぎても継続のオンサイト保守契約をしなかった場合などに、有償のスポット保守契約(オンサイト形式)をご用意しています。

【対象製品】
弊社RAID製品

スポット保守契約(センドバック形式)

弊社ハードウェア製品にはご購入後、1年間(製品によっては1年間以下の場合もあります)のセンドバック保守を設定してありますが1年間のセンドバック保守契約期間を過ぎた場合、ご購入後の3ヶ月以内にユーザー登録をされなかった場合などに、有償のスポット保守契約(センドバック形式)をご用意しています。

【対象製品】
弊社RAID製品

概要

HDDの不良交換が発生した場合、良品と交換後の障害HDDをお客様にお渡しするサービスとなります。
- お渡ししたHDDはお客様にて保存や破壊/破棄いただくことが可能です。
- 本サービスは通常の保守契約のオプションとして提供致します。

詳細

HDDが障害となり交換が必要となった場合には、保守契約があれば代替のHDDをバイオス社からご提供致します。

保守契約に明記のとおり、交換した障害部品につきましてはバイオス社が所有権を有するため、障害HDDもバイオス社にて引き取らせていただきます。

しかしお客様での情報セキュリティの観点などから障害HDDを返却できない場合がございます。そのためHDD返却不要オプションサービス(年間契約)を用意しております。

通常の保守契約に加えてHDD返却不要オプションサービス(年間契約)をご購入いただいた場合には障害HDDはお客様の所有物となるため、バイオス社への返却は不要であり、お客様でのHDDの保存や破壊/破棄などが可能となります。

お気軽にお問い合わせください

東京 TEL:03-3468-2220
大阪 TEL:050-5830-8913